-圧力の単位と換算ツール-


圧力の単位パスカル Pa

圧力の単位と同じように、真空度を表すのは Pa (パスカル)という単位を使います。
パスカルという単位は、天気予報で使われるヘクトパスカルの1/100です。 汎用的に使われていた真空度を表す単位にTorr (トルまたはトール)があります。古い真空計などではTorr のみが使われています。

1気圧 = 1013hPa = 1.01325x105 Pa = 760Torr,     133.32Pa = 1Torr

TorrとPaの換算はややこしいと感じられるかもしれませんが、 真空装置の多くの場合、PaはTorrの1/100と考えても差し支えありません。

10-4 Pa ≒ 10-6 Torr

ゲージ圧

ゲージ圧は、大気圧に対しての差圧という考え方です。
ゲージ圧では、大気圧は 0気圧0Pa となります。もし管内が大気圧に対して正圧であれば、 管の中の流体は外に流れ出し、もし負圧であれば管内に大気が引き込まれ、流体は流れ出さないことになります。 大気圧は低気圧の接近や高度などで変化しますので、流れ出すか引き込まれるかを見るためには、絶対圧よりもゲージ圧が便利です。 そのため、主にガスボンベ、エアーコンプレッサあるいは、クリーンルームなど大気開放型の設備に使用されています。 手近にエアーコンプレッサやガスボンベのレギュレータなどがあれば、表示を御覧になってみて下さい。 多くの場合、このゲージ圧で表示されており、最低表示が0気圧あるいは、0Paになっており、大気開放で最低表示を示しているはずです。 ダイヤフラム型の圧力計は、大気圧を基準として圧力を測定している場合があり、この場合はゲージ圧で表示することが本質的であると考えられます。 なお圧力の表示は、絶対圧力かゲージ圧かを明示していない場合が数多くありますので、御注意下さい。

圧力単位換算ツール

×10
×10 Pa
×10 mbar
×10 Torr
×10 atm
×10 kgfcm-2
×10 psi

関連情報

当社関連ページ
圧力の換算電卓・・・Windows対応のフリーソフト
流量の単位と換算ツール・・・流量単位を換算出来るツール
真空の常識と非常識
真夏のベーキング作業

当社関連製品
MBE装置
超高真空装置 UHVPS
研究開発受託業務・コンサルティング

オーダーメイドのご相談はアリオスまで