実験/量産用 プラズマ・真空装置メーカーのアリオス株式会社 社内報2019

アリオスの電話番号042-546-4811

 

社内報2019

img
2019.05.20[ 地域情報|第十一回あきしま郷土芸能まつり ]

今回は、アリオス本社の地元・昭島の情報です。
今年も「あきしま郷土芸能まつり」の季節になりました。
「あきしま郷土芸能まつり」は屋台、山車、神輿、獅子舞、和太鼓など
昭島市内の各地域で伝承されてきた伝統芸能が一堂に会する賑やかなお祭りです!
模擬店もありご家族で楽しめるお祭りです。お近くの方もそうでない方もぜひ昭島にお越しください。

【日時】前夜祭 2019年5月25日()午後3時~午後8時30分
    本 祭 2019年5月26日()午前9時~午後4時
    ※小雨決行/荒天中止

【会場】JR昭島駅北口 モリタウン北側 特設会場

※お願い※ 当日は混雑が予想されます。
      ご来場は交通機関をご利用くださいますようご協力お願いいたします。

Akishima
第十一回あきしま郷土芸能まつり
http://www.akishima-kanko.org/news/entry-1949.html

(営業技術部 Sn)

img
2019.05.13[ 総務部研修 ]

こんにちは、総務部のUです。
私事ですが、早いもので入社して1年が経ちました。
研修をしている今年の新人さんを見て去年の事を思い出し、懐かしさを感じています。

新人研修は全ての部署で行うのですが、総務部研修は連休前に終わりました。
去年は教わる立場で今年は教える立場だったので、
去年とは違った大変さを感じました。
個人的には反省点がたくさん残る研修となってしまったので、
失敗を来年に活かしたいと考えております。
また、自分が普段やっている仕事を見直す良い機会となったことがとても良かったです。
初めて教える立場で行う総務部研修は濃い時間となりました。

そんな研修の疲れを癒すかのようにゴールデンウィークは半分引きこもり状態で
人の家でゴロゴロしてしまいました。
(10日間もあったのにブログに載せられるような楽しい事をしなかったので後悔中です…。)
だらけてしまうくらい長い連休を挟みましたが、
連休前に研修で学んだ事や得たものを忘れないように気を引き締めていきたいです。

(総務部 U)

img
2019.05.07[ ライオンズ! ]

技術部のRです。
先日プロ野球観戦に行ってきました。
埼玉西武ライオンズ VS オリックス・バファローズ の試合です。
フィールドビューシートという、グランドにとても近い席で観戦してきました。
FieldViewSheet

球団創設70周年を迎えたとのことで来場記念にサードユニフォームをもらいました。
栄光時代のカラーを融合させたデザインだそうでかっこよいのです。

試合ですが、HRが両軍あわせて4本の乱打戦で
11-3とライオンズの快勝にファンとしてはとても盛り上がりました。

また、試合後にはフィールドウォークという
グラウンドに入ることができ、とても新鮮で面白かったです。
FieldWalk

(技術部 R)

img
2019.04.22[ 自分だけの! ]

こんにちは、総務部のM.Kです。

突然ですが、IEM(インイヤーモニター)というものをご存知でしょうか?
IEMとはミュージシャンや音響スタッフがモニタリングに使用するイヤホンのことで、
自分の耳型に合わせてオーダーするので遮音性に優れており、より集中した環境下で音楽を味わえるものです。
ライブやテレビでミュージシャンが装着しているのを見た覚えがある人もいるのではないでしょうか。
最近では一般の方でも音楽鑑賞で使用したりしていて、私の周りでも何人か持っている人がいます。
ということもあり、ずっと興味があったのでオーディオ機器ビギナーの私、
先日思い切って購入してみました!

店舗に行ってまずは店員さんと何十社とあるメーカーから、どんな音質が好みなのか、
例えば高音・中音・低音の中ならどの音を重視するのか等、相談しながら試聴を重ねていきます。
試聴を重ねれば重ねる分だけ選択肢が増え、どれにするかの迷いも増え、なかなか大変でしたが、理想の音に巡りあえた時はかなり興奮しました。

またセミオーダーなのでデザインもメーカーのサンプルから選んで、自分好みの物をカスタマイズすることが可能となっていて、それを考えるのもまた楽しいものでありました。

IEM
こんな感じで片耳違うデザインにも出来ます。

最近現品が届き使用していますが、自分でカスタムしたものというものはどうしてこんなに愛着が湧いてくるのでしょうか。
今まで聴いていた音楽が数倍華やかに聞こえます。(少し大げさかもしれませんが...)

ただ先述したようにかなり遮音性が良いので、公共の場所、特に公道を歩く時は周りの音が一切聞こえなくなってしまうので、装着する際は注意が必要だと感じました。

オーディオ機器に興味があるという方、是非一度試聴だけでもしてみて下さい!
(決して回し者ではございません(・_・)(._.))

(総務部 M.K)

img
2019.04.08[ お花見 ]

こんにちは。
技術部のYです。
先日、新宿御苑へお花見に行ってきました。
思い返せば、社会人1年目の昨年は新生活の準備に忙殺され、気づいた頃には桜が散っていて寂しい思いをしました...

ということで、今年こそ!と息巻いて2年ぶりのお花見へ。
当日はあいにくの花曇りでしたが、ちょうど見頃の時期とあって大混雑
お花見客の期待通り、ほぼ満開に近い桜を楽しむことができました。


この日は昼の御苑だけでは飽き足らず、場所を移して夜桜の見物まで。

盛りだくさんのお花見dayでした

(技術部 Y)

img
2019.03.19[ 名古屋オートトレンド ]

営業技術部のUです。

毎年愉しみにしている名古屋オートトレンドへ行ってきました。
名古屋オートトレンドは、東京オートサロンの名古屋版に当たります。

NAGOYA AUTO TREND

今年のオートトレンドは、大手メーカーの出展もなく規模も小さくてちょっと残念でした。
そんな中興味深い物がありました。
近頃自動運転化が進む中、自動ブレーキのVR体験が出来るという物で体験してみました。

VR

ゲームセンターに有るようなシートに座り、ヘッドセットを付けて説明を受けます。
あたかもサーキットのスタート位置に停車している車の中がスクリーンに映し出され、360度見渡すことが出来ます。
説明員に窓から後ろ見てみてと言われ見てみると、本当に車の後ろの景色が見えます。さすが最新のVR凄いリアル!

それでは自動ブレーキの体験です。説明員からアクセル全開で前に停まっている車に突っ込んでと言われ、全開で突っ込もうとするのですがリアル過ぎて思わず避けてしまいました。VRとはいえ全開で突っ込むの怖い!
仕切り直して今度はアクセル全開でぶつかりに行きました。どういう条件でブレーキが掛かるのか分かりませんが、本当もうぶつかる寸前でブレーキが勝手に掛かり止まってくれました。これが自動ブレーキか!?
実車だったら本当に止まるのだろうか?最近は軽自動車にも搭載されているようだけど、このアクセル全開状態ではさすがに無理だよね?
現在のVRのリアルさも自動ブレーキも体験出来楽しかったです。

あとおまけでモーターショーと違いスーパーカーにも触れられる所がこのショーのいい所で、
フェラーリを見ていて初めて気付いたのですがフェラーリ458の跳ね馬エンブレムって支柱で浮いてたんだね!

FERRARI

(営業技術部 U)

img
2019.02.26[ 一足お先に ]

2月のうららかな日に。
cherry blossoms
が満開でした

こんにちは。営業技術部の森です。
朝、河津川河口からの冷たい海風が吹き付ける中、
桜のトンネルをくぐっていました。
tunnel
南伊豆の河津町で発見された河津桜は、
2月に満開になる桜で、
現地に行ったときはちょうど見頃の季節。
ピンクの河津桜が盛大に咲き誇っていました。
Kawazu cherry tree

PINK
河津桜はピンクの花を咲かせます。

rape blossoms
菜の花とのコラボもありました。

この時期は河津桜まつりが開催されているので、
こんな露店がたくさん並んでてまさにお祭り。
SAKURA TAIYAKI
さくらたいやき、後で食べようと思ったら大行列になってて断念・・・
YONEZAWA-BEEF
米沢牛、ここと関係ないですよね・・・

こちらは河津桜の原木
raw wood

河津桜はこの原木から広まっていきました。
近年は東京でも河津桜が増えていて、
(実際、近所の会社で河津桜が咲いていました)
2月末~3月初旬に見頃になりそうです。
河津町までいかなくても、一足早い花見が楽しめそうです。(風が寒いけど)

ちなみに、河津桜まつり会場では、
観光客相手に、河津桜の苗木が800円で売っていました。
plants
河津桜が広まったのも納得です。
みなさんもおひとついかがですか(何を

(営業技術部 森)

img
2019.02.12[ 何年ぶり? ]

技術部のK.Uです。

20年ぶりくらいに海外旅行に行ってきました。
行った国は、「タイ」です。
3~4年前からタイに旅行に行こうと言う話をしていて
なかなか実現せず平成最後の年末にやっと実現することが出来ました。
flight

31日の夜は、ホテルの屋上で年越しの花火を見ました。
new year's eve-1 new year's eve-2

タイといえば、お寺と動物園が有名と言うことで行ってきました。
巨大な涅槃像があるお寺。ワット・ポーです。
Wat Pho-1 Wat Pho-2
Wat Pho-3 Wat Pho-4

シーラチャータイガーズーという動物園に行ってきました。
この動物園では、虎と象のショーを行っていたので見てきました。
SRIRACHA TIGER ZOO

camel tiger
crocodile elephant

タイガーショー
tiger show-1 tiger show-2

エレファントショー
象が入場してくる時に前の象のしっぽをつかんでいるところが、とても印象的でした。
elephant show-1 elephant show-2

動物園から帰る時にバスターミナルでバスを待っていると何だろうなと思う看板があったので写真に撮りました。
signboard

お土産を買うために「ナイトマーケット」「ウィークエンド・マーケット」にも行ってきました。
market

バイヨークタワーの展望台。
BAIYOKE TOWER-1 BAIYOKE TOWER-2

移動手段として水上バスにも乗りました。
water-bus

ホテルの部屋からの風景。
scenery

今回のタイ旅行は、見る物全てが初めてでとても楽しい旅行でした。
まだ他にも見たい物や行ってみたい場所があるので、近いうちにまた行きたいです。
言葉が通じなくて、もどかしい思いを何回かしたので次に行く時は少しタイ語を勉強してから行こうかなと思いました。

(技術部 K.U)

img
2019.02.04[ 第95回 箱根駅伝~テレビには映らない場面 ]

技術部のK.Nです。
毎年、写真撮影&観光も兼ねて箱根駅伝の観戦に出掛けます。
良い撮影ポイントを見つける為、かなり早い時間から待機していますが
選手の皆さんが通過する前にいろいろな場面を見る事が出来ます。

traffic regulations かなり早い時間に到着するので
まだ、観戦する方は殆どいません。
(各大学ののぼり旗もまだ全然ありません。)
delivery person 選手通過2時間位前になると
小旗を配る為、新聞配達員の方々が
続々と集結してきます。
選手通過1時間前位になると、
駅伝関係者の車両が
ゴールの芦ノ湖に向けて通過します。
(「カッコいいマークXだな~」と見ていたのですが
このマークX、未発売&350台限定発売予定の
マークX“GRMN”」でした...)
MarkX GRMN
Vitz GRMN この車両も良く見ると「Vitzの2ドア」なので
150台限定発売された「Vitz“GRMN”」です。
選手通過30分前、
交通規制を始める前に神奈川県警の
白バイ隊がコースに異常がないか?
路上駐車がいないか?頻繁に通過します。
motorcycle policeman
manners そろそろ、交通規制開始となりますが
広報車が観戦の方に応援マナーの
アナウンスを行います。
(選手通過時に小旗を振るのですが、
選手に手旗が当たらない様に
小旗は上に振る」のが良いマナーです。)
police car-1 」のプレートを付けたパトカーが来ると
交通規制開始となり、規制区間に一般車両は
侵入不可となります。
(信号機も青信号固定になり、選手の通過を
待ちます。)
交通規制開始後、少しすると日本テレビの
中継ヘリコプターがゆっくり飛んできます。
(駅伝観戦の常連さんはこのヘリコプターが来ると
選手が来ることを知っており
周囲の観戦者に「選手来るぞ~」と知らせてくれます。)
helicopter
outside broadcast van テレビ放映でおなじみの中継車が来て
いよいよ選手通過です。
(中継車・選手が来ると周囲のテンションも
最高潮となります。)
選手通過の合間に
駅伝関係者の車が通過するのですが、
今年は超希少な車が来ました...
豊田章男社長が使用する社長専用車
センチュリー“GRMN”」で
東京と愛知の本社に1台ずつしかなく
世界に2台しかない」車です。
century GRMN
runner 選手の皆さんが続々と走り抜け
最終走者が通過すると
交通規制解除となります。
「C」のプレートを付けたパトカーより
後方は交通規制解除となり、一般車両が後に続きます。
police car-2
odawara 選手の皆さんも無事通過、交通規制も解除となり
いつもの小田原市街に戻ります。
balloon
小田原城に近いお堀端通り商店街のバルーンアートは
今年の干支「己亥」でした。

自宅でこたつに入って、テレビでの駅伝観戦もありですが
実際に出掛けて観戦すると、テレビでは伝わらない臨場感がありますので
駅伝観戦にお出掛けしてみては如何でしょうか?

(技術部 K.N)

img
2019.01.07[ 雪山登山 ]

こんにちは。
技術部のY.Fです。

最近めっきり寒くなってきました。
山登りを愛する私にとって厳しい季節になってしまいました。

しかし、アリオス登山部(※部員1名)は冬も活動しています。
寒い時期に、わざわざ登りたくないと思う方もいるかと思いますがそんなことはありません。
冬の山も良いところがあるのです。

冬山の良いところはなにより熊が冬眠していることです。
我々登山部(1人)の天敵無き今、最も羽を伸ばせる時期であるということです!

そんなわけで、我々アリオス登山部(1人)は勇んで
東京 奥多摩にある標高1363mの川苔山(川乗山)にいってきました。
都内ではありますが、積雪量が多く例年30cmほどつもります。(※アリオス登山部調べ)
waterfall

木に積もった雪が日光に暖められて落ちてくる滴りに打たれながら
遠くから聞こえる滝の音の元を目指して歩く。
なんとも心洗われる気分です。
なにより、ふかふかの雪の上をガッサガッサと
歩き進むことほどの快感は他にありません。
たまに動物の足跡も見かけます。
どこに行ってるのか追いかけたくなってしまいます。
lonely... lonely...

みなさんいかがでしょうか。雪山登山。
1346m

※山に登る際は必ず入山届を提出する様にしてください。
※冬の間は熊は絶対出てこないとは言い切れません。用心してください。

(技術部 Y.F)