アリオス株式会社 社内報(2022)

社内報2022

img
2022.01.18[ ランタンフェスティバル ]

初めまして。技術部の新人、NNです。
4月に入社してもう9か月が経ちました。

コロナ禍ではありますが年末年始には、久々に実家の長崎に帰省することができ、
家族とゆっくりと過ごすことができました。

さて、お正月は終わってしまいましたが、
長崎では、旧正月に合わせて長崎ランタンフェスティバルというお祭りがあります。
このランタンフェスティバルは中国の旧正月を祝う行事の春節祭からきています。
毎年、中華街周辺がランタンやランタンのオブジェクトでライトアップされたり、
中国の文化に触れられるようなイベントが行われます。

今年は2月1日から15日までとなっています。
残念ながら、規模を縮小してランタンの装飾のみの開催となるようですが、
オンラインのPR活動があるようなので気になる方は検索してみてください!

(技術部 NN)

img
2022.01.11[ おせち ]

技術部のTSです。

昨年末、お正月に向け大掃除に追われていたのですが、
ふとお正月といえばおせち、試しに作ってみようと思い立ちました。
ご存じの方も多いかと思いますが、おせち料理にはそれぞれに意味があり、
例えば、伊達巻きは学問成就、エビやかまぼこは魔除け、紅白なますは平和や平安、栗きんとんは金運などなど。
今回はごぼうを使って「たたきごぼう」にチャレンジ。


まずごぼうは洗い、軽く皮をこそげとります。
食べやすい長さに切りそろえ、細い物は1/2、太い物は1/4にカット。


そして包丁の背やすりこぎを使って叩きます。
強く叩き過ぎてごぼうが割れ、細くなってしまったのもあるので、力加減には注意。
叩き終わったら、ごぼうは冷水にさらしておきます。
ごぼうは茹でるので鍋でお湯を沸かし、その間に和えるタレの準備。

タレはすりごま、醤油、みりん、お酢を混ぜ合わせます。

沸騰したところでごぼうを入れ3~4分ほど茹でますが、食感を残したければ短めに調整。

茹で上がったら水をよく切り、温かいうちにタレと和え完成。

すぐに食べることも出来ますが、一晩経った方が味がしみます。
味はごぼうとごまの香りが残りつつ、お酢でさっぱりとしてて箸休めとして丁度良かったです。

いつも作り置きとしてごぼうはきんぴらしかレシピがなかったのですが、
たたきごぼうは比較的簡単に作れるので今後の作り置きの1つに追加されました。
ちなみにごぼうは、健康や長寿、叩くことで開運などの意味があるそうです。
たたきごぼうを食べて良い年にしたいと思います。

(技術部 TS)