アリオス株式会社 社内報(2021)

社内報2021

img
2021.04.12[ 最近の自粛生活 ]

こんにちは、技術部のFです。
皆様このコロナ禍で、自粛生活をどうお過ごしでしょうか。

最近、私は猫と共に自粛生活を楽しんでます。
昔から犬と猫は好きで、実家で犬を飼っていたので、
いつか猫を飼いたいなと思っていました。
そしてついこの間たまたま動物ショップに行ったときに、出会ってしまいました。

まずは猫のご紹介を。
わが家の初猫はロシア出身のサイベリアンの男の子。
生後2ヶ月でうちに来ました。

名前はナルトです。
どうぞお見知り置きを。

テリトリーを決めて生活する猫にとって環境の変化は一番のストレスだそうで、
うちにきても怖がって中々ケージから出ないのかなと思ったのですが、、

ナルトは秒で出てきました。

キャリーから飛び出たナルトは、すぐさまお部屋の探索を開始。
低い姿勢で匂いを嗅ぎながら部屋中をくまなくチェックしていた模様です。

リビングを右から左へ目にも留まらぬ早さで、駆け抜けたり、用意したおもちゃ全てに手をつけたりします。
自粛生活で気持ちが落ち込み気味になっても、それを見るだけで元気がでますし、癒やされます。

今後もナルトの成長を見守っていきたいと思います。

(技術部 F)

img
2021.04.05[ ウォーキング② ]

こんにちは、総務部森田です。

昨年から始めたウォーキング、人が少ない時間を選んで続けています。
まだ外出がままならない日々ですが、おかげで良い気分転換になっています。

ウォーキングついでに桜などを撮影してみました。
少しでもお花見気分になれば幸いです。

*4枚目の桜は5枚目の右に写っているしだれ桜のアップ
*6枚目は桜に浸かっているカモ
*7枚目は餌を狙っているシラサギ

(総務部 森田)

img
2021.03.16[ コンピューターの電源を切らないでください ]

先日、近所の保育園できれいな花が咲いていました。

梅かなーと思って近づいたら、桜でした(染井吉野ではありませんが)
オカメ桜、でしょうか。
だんだん春めいて来たなあ、と思っていたら、
もう桜の開花宣言が出てしまいました。
今年の春は早足ですね。

こんにちは。営業技術部の森です。

Windowsの更新でよく現れる、
「コンピューターの電源を切らないでください」
のメッセージ。

↑こんなの。

敢えて切ろうとする人はまずいないと思いますが、
万が一電源が落ちてしまった場合、果たしてどうなるのか?

ちょっと気になる方はいませんか?いませんかそうですか。

実際にどうなるのか、想像してみたのですが、

1. 更新が失敗してやり直しになる
2. ファイルが壊れたり、整合が取れなくなったりして、Windowsの修復が必要になる
3. Windowsの再インストールが必要になる

こんなところだろうと思うのです。
別にWindows壊れても入れ直せばいいんだから、
(時間的損失はともかく)そんなに怖い話じゃないよね、
と思っていました。この前までは

さて、3月の初旬に、私物のノートPCを外出先に持ち出す際に、
Windowsの更新が始まってしまって、
そのままアダプターを抜いて持ち出したことがありました。
SSDだから振動は問題ないし、
バッテリー切れたり強制的にスリープに落ちても、
更新やり直せばいいか、ぐらいに考えていたのです。
ですが、次に電源を入れてみたところ、

えっ。

もう一回電源入れ直し。。。

Internal hard disk drive not found.

無情にも変わらず。

ノートPCは二度と立ち上がることはありませんでした

内蔵SSDが壊れてしまうという、想像の斜め上を行く結果に、
どういった過程でSSDが壊れてしまったのか、全く理解が出来ません。
何とかならないかと、筐体を開けてみたのですが、


↑この黒いパックの右側にSSDが入ってる(っぽい)

このSSDの交換はメーカー以外には無理だとわかっただけでした。
このノートPCの復旧は諦め、新しいノートPCを注文しましたが(また出費が…)
品切れのため、入荷はいつになるやら・・・という状況のようです。
皆さんも、Windowsの更新にはくれぐれもお気をつけください。

教訓:Windowsの更新中は絶対に手を出してはいけない

(営業技術部 森)

img
2021.03.08[ 苔はじめました ]

技術部のSTです。
今尚続くステイホームを少しでも楽しむために、以前から興味のあった鉢植えでの
苔の栽培を始めました。

栽培する苔は2種類で、同じ技術部のH氏から譲り受けた(恐らく)ホソバオキナゴケと、
家の近くで採取したスギゴケの一種です。

栽培を始めて1ヶ月が経ちますが、スギゴケが手強い...
そもそも、最初は「スナゴケ」だと思っていたため、育て方が全く違っていました

スナゴケ スギゴケ
日当たり 好日性 半日陰
乾燥 強い 弱い

」という地味なジャンルですが、調べると種類がとても多くそれぞれが好む環境も全く違い、
しっかり下調べして育てないと上手く育ちません。
そんなところはオーダーメイドのモノづくりに通じるような気がします

初代のスギゴケは、自分の勉強不足で枯らしてしまいましたが、
2代目は頑張って大事に育てていこうと思います

(技術部 ST)

img
2021.03.01[ 今年の年始の思い出 ]

技術部のSKです。
時が過ぎるのは驚くほど早く、気づけば令和3年に入り既に2ヶ月が経過し上巳の節句の季節となりましたね。

今年の正月は私がひとり暮らしを始めてから2度目のものだったのですが、
それと同時に人生で初めてひとりで過ごす正月にもなりました。
去年までは当然のように家族揃って年を越して、揃って初詣に行ったりしていたので、
新鮮さを感じつつ何ともいえない寂しさを感じたことを覚えています。

ニュース等を見る限りコロナウイルスのワクチン供給の目処が立ってきているようなので、
効力があれば今年中に収束していってくれるのかと希望的観測を抱いています。

次の年末年始こそは、何の穢れもなく実家の玄関をくぐることができることを願うばかりです

(技術部 SK)

img
2021.02.23[ 虹の始まる場所? ]

技術部のK.Nです。

自宅の調理器具が限界を迎えたので、某大型ホームセンターへ買いに行き
屋上駐車場へ戻ったところ...

虹が出ていました!

駐車場に戻った時はまだ、虹の出始めの様子で
雨雲が切れて太陽の日差しが強くなり、輪郭がはっきりすると

うっすらですが二重の虹!

地上から見た虹は遠くに見えるのですが、屋上駐車場から見た虹はすごく近く見え
「ひょっとして虹の発生しているように見える場所に近い?」と思い、地上付近を拡大撮影すると...

送電線の辺り?(かなり曖昧ですが)

自宅に戻り、Googleマップで某ホームセンター~鉄塔の辺りの距離を計測したところ
「約800m」と表示。
(実際には雨の降り具合、日差しの状態で見える位置が変わるので
特定は出来ないのですが、あまりにも綺麗に見えたので調べてみました。)


スマートフォンの「パノラマ撮影」初めて使ってみました。
(思っていたより綺麗に撮影出来たので、ちょっとびっくりです。)

悔やまれるのがデジタルカメラの入ったバッグを自宅に置いてきてしまった事。
(いつもは持ち歩いているのですが、今日に限って...)

(技術部 K.N)

img
2021.01.25[ 最近思ったこと ]

明けましておめでとうございます。
昨年の今頃は、その後まさか世界中がパニックになろうとは誰も想像できなかったことでしょう。活動の自由が妨げられ、様々なイベントが中止、すべてのことがストップ状態になり悪夢のような一年でした。 マスク着用、アルコール消毒、テレワークなどの新しい生活様式にもずいぶん慣れてきました。

最近思ったことです。
その「マスク着用」を余儀なくされたことで、会話も減らされ表情も分からず健康なのか不健康なのか・・・相手の血色が良いのか悪いのかすら分かりません。 そんな中、せめてメールやSNSの中だけでも、たった一言「おはよう!」「お疲れ様!」で、その人と近くなったようなコミュニケーションがとれたような気がするものです。
心はたった一言で壊れやすくもありますが、逆にその一言で救われることもあります。言葉選びはとても大事かもしれませんが、こんな時代だからこそ、まずは一言、いろいろなツールを使って心の中を発してみませんか。何かが変わるかもしれません。

以上、総務部のオバさんでした。

(総務部 AK)

img
2021.01.18[ 愛用品? ]

技術部Aです。

皆さんは、普段使っているもので、長く同じものを使用していることはありませんか?
実は、電気カミソリをかれこれ15年、同じ物を使っています。

15年前、剃り味の鋭い某海外メーカーの電気カミソリを使っていましたが、
ちょっと力の配分を誤ると、剃りすぎて切り傷が絶えなかったです。
そんな中、家電量販店で「日本人の肌質」にあった電気カミソリという触れ込みで手に取った品の感触がよくて、
それを使い続けていました。
さすがに15年の月日は長く、7年ほど前に充電機能はご臨終となりアダプターを介した
動作のみで使い勝手が半減したのですが、それでも離れるに忍びなく使い続けていました。

昨年末、いよいよかなと思い家電量販店で物色してみると、まだ替え刃が入手できることがわかりました。確か取扱説明書では1~2年での交換を推奨されているところ、3~4年はそのままだったので、とりあえず交換してみるとなかなかの感触。まだまだいけそうな雰囲気です。

20年前に改造を頼まれてお納めした装置が、昨年、再立ち上げして使用される事になりお手伝いしています。さすがに寄る年波から、消耗品を交換したり、ちょっとイジった程度では、なかなか元のようにいきませんが、少しでも長く使っていただけるよう手を加えていきたいと思います。

皆さんのなかで、もう一度、手を加えて使ってみようなどとお考えの装置や製品はありませんか?お声を掛けていただけば、いつでもご相談に応じます。

(技術部 A)

img
2021.01.12[ 煮貝 ]

前回の骨折した記事が掲載されたその日、
我が家へ新車がひっそりと納品されました。
(元愛車は行きがけの駄賃としてドナドナされていきました)
もちろん運転出来ませんので、それから3週間ほど、
カバーをかけて塩漬けすることになりました。

別に悲しくなんてありませんから。ありませんから。

こんにちは。営業技術部の森です。
早いもので骨折から4ヶ月が過ぎ、新しい年になってしまいました。
骨折箇所は3ヶ月ほどで(向きが曲がったまま)くっつきましたが、
その後も階段を降りるのだけは苦労しました。
しばらくは壁や手すりに手をつかないと、転げ落ちそうになりました。

何で?と自分の足の動きを確かめてみたら、
階段降りる時って、片足のつま先に全体重(自分でいけば50kg程)を乗せて前かがみになってるんですね。
治りかけの足では、これが出来なかったみたいです。
人間は普段から難しい事をこなしているようです。すごく勉強になりました。

本題。

こんな時期にわざわざ車を買ったためか、
ディーラーが関東近県の特産品をプレゼントしてくれました。
40点ぐらいあった一覧から選んだのは、

煮貝

ご存じの方もいると思いますが、山梨の特産品です。
アワビの煮貝が有名で、江戸時代からの名産だったようです。
何で山梨?海がないのに?
と思った方。自分も同じことを思いました。
山梨の人がアワビが大好きで、名産になってしまうぐらい求め続けたのかもしれません。
そんな山梨県人の情熱がこの名産品を産んだのですね(思いっきり適当に言ってます)

この煮貝、昔から気になってはいたのですが、どうみても贈答品です。
自分に贈答するのはさすがに悲しすぎるので、なかなか食べる機会がありませんでした。
そこで、今回の件で、ようやくどんなものか知ることが出来ました。

食べ方は、スライスしていただく。とてもシンプル。

コリコリした食感が心地よい貝柱もいいのですが、
旨味が凝縮した肝が特に美味しかったです。
煮汁は出汁たっぷりなので、鍋に再利用しておいしくいただきました。

とても贅沢な週末になりました。
ごちそうさまでした。

(営業技術部 森)

img
2021.01.06[ 徒然なるままにVol.10 ]

暦は12月(起稿時)前回のブログを書いていたときは3月。 コロナで騒ぎ始めた頃だったかと思えば、あっという間に時は経ち、にもかかわらずコロナは未だ終息が見えず。経済とともに心身にも疲弊が隠せません。

そんな折、我が家では夏に購入したカキ氷機が冬になり再度大活躍しています。昔からアイスは寒い中で食べるのが一番美味しいと考えていましたが、この時期にカキ氷機を使うとは思っていませんでした。

カキ氷機で削るのはただの氷ではありません。スーパーで買ってきた冷凍フルーツ(大概は苺)を、もちろん凍ったまま削ります。そのまま食べても美味しいですが、 凍ったフルーツ(大概は苺)に歯を立てるのはあまりおすすめ出来ません。元々この冷凍フルーツはパッケージ裏面に美味しいスムージーの作り方が書かれており、 そのまま食べる用途がメインと言うことでは無さそうです。そんな冷凍フルーツ(大概は苺)をカキ氷機で削ればふんわり柔らかなリアルフルーツカキ氷ができあがります。 そこにたっぷり練乳をかけ、口いっぱいに頬張ると、得も言えぬ幸福感に包まれます。

家で過ごす時間が増えている中、おうちで出来る楽しみが一つ増えました。カキ氷機が眠っている方がいたら、是非一度試して見て頂ければと思います。 ただ、雰囲気を求めてグラス氷を入れると手がかじかむので注意が必要です。

皆様も何か良いおうち時間の過ごし方があれば、教えて頂ければ幸甚です。

(営業技術部 O)